【今日の工場】ユニット畳の仕上げに入っています

今週もスタートしましたね。

今日の下呂市は曇り空ですが気温が高く、12月だというのにコート要らずです!

 

静岡県のW様よりご注文いただいております、ユニット畳の完成が近づいてきました。

ストレートサンダーで引き出しの面取りをしています。

pc051989

角ばっているところを無くし、手触りが滑らかになります。

まだ組み立て前で今日は写真が撮れませんでしたが、こちらのお客様からは3つの長方形のユニット畳をオーダーいただいています。用途によって組み合わせ方を変え、いろいろな形で使用していただけます。


洋室から和室にリフォームをお考えの方に、ユニット畳はおすすめです。

ユニット畳の製作事例はこちら

【今日の工場】畳ベッド製作中!と、昨日の続きです

12月に突入し、何かと慌ただしくなりますね。

2016年のラスト1ヶ月、みなさんはどんな締めくくりになるでしょうか?

今日はまず、昨日のブログでご紹介したユニット畳のその後をご紹介します!

pc011959

すのこが付き、踏み台も完成しました。

踏み台はお部屋に合わせて斜めにカットされています。

pc011965

フレーム部分には、コンセント用の穴もきれいに開いています。あとは畳が入れば完成です!

なお、コンセントは完成するとこのようになります↓

pc051973※画像は今回のオーダー品ではありませんが、ご参考に・・

コンセントの色は、白か茶色。また、1口か2口で選択していただくことができます。コードは約2mありますので、使い勝手がよいです!

コンセントがあると、ユニット畳の上でコタツ・ホットカーペットを使用したり、スマートフォンや携帯電話の充電などに、なにかと便利なのでおすすめです♪

 

続いて、Sタイプの畳ベッド製作現場です。

下呂市のお隣、岐阜県高山市のT様からのご注文です。

職人さんが、ヘッドボードと足元の部分の木材を加工されていました。

木材の角を丸く加工しているところです。

pc011966

初めに機械で粗く削っておいて、その後、研磨して滑らかにするそうです。

こちらの木材はお客様のご要望で、国産の栗の無垢材を使用しています。栗は木目がはっきりしていて綺麗で、やわらかく加工しやすい木材。水に強いのも特徴です。


ユニット畳の製作事例はこちら

オーダー畳ベッドの製作事例はこちら

【今日の工場】お部屋に合わせたユニット畳を製作中です

11月もいよいよ最後の日となりましたね!

工場では、神奈川県横浜市のS様よりご依頼いただいております、ユニット畳を製作中です。

pb301948

こちらのユニット畳は、お部屋入口のドアが当たらないように形を変えた設計になっています。また、踏み台をつけるようご依頼いただいています。

踏み台があると、小さなお子様やご高齢の方も昇り降りしやすいですね!

pb301952

先ほど枠組みができましたので、次は中にスノコを入れられるよう、桟木(さんぎ)を取り付けます。

今回の木材はタモ集成材、スノコはひのきです。

タモは丈夫な木材です。フレーム材など、何がよいか迷われた時はお気軽にご相談ください。弊社のHPでも材料のご紹介をしています。


ユニット畳・置き畳の製作事例はこちら

弊社の商品はこのように梱包しています!

今朝出勤すると、工場に梱包されたユニット畳が、どーん!と置いてありました。とっても美しいです。

pb291903

梱包は、専門のスタッフさんがこのように丁寧に心を込めて行っています!

職人さんたちが作り上げた商品を、傷つけることなく梱包することはもちろん、お客様が商品を開けた時の第一印象が良いように、お客様に喜んでいただけるように、日々頑張っているとのことです。

pb291918

また弊社の商品は、組み立て式のものが多いのですが、お客様ご自身でも組み立てがしやすいように、図面を同梱し、商品にもアルファベットのシールを貼っています。

このシールも、お客様が見やすく、剝がれにくい位置に貼るように工夫されているんです!

pb291937

飛騨フォレストのHPもご覧ください。

【今日の工場】ユニット畳 組み立て前の仕上げをしています

今日の職人さんは、先日レポートさせていただいた、茶室に使用するユニット畳の組み立て前の仕上げをしています。

まずはトリマーという機械を使って、木材の角の面取り。

pb281891

トリマーは、刃を変えることによって、角を削る面取り加工をしたり、角に丸みを出したりできます。

続いて表面を塗装する前に、機械で研磨。

pb281898

研磨しておくことによって、塗装した時にムラが出るのを防ぎ、とても綺麗な仕上がりになるそうです。

最後は角をサンドペーパーがけ。

pb281901

こちらは手作業で丁寧に研磨していきます。

このように細かい所も手を抜くことなく、根気よく職人さんが製作しているので、丈夫で長く使える商品になるんですね!

弊社の上質なオーダーユニット畳・畳コーナーの製作事例はこちらです。ぜひご覧ください。

【今日の工場】跳ね上げ式畳ベッドの枠を製作しています

本日は、千葉県船橋市の福祉施設からオーダーをいただいております、Rタイプのシングルサイズ畳ベッドを製作中です!

Rタイプは、跳ね上げ式の畳ベッドになります。

宮(ヘッドボード)がなく、すっきりとしたデザイン。

木材はタモ集成材を使用します。タモは広葉樹で、とても丈夫な材質です。

こちらは、上枠(畳表が入る方)です↓

pb251921

こちらは、下枠です↓

pb251933

今は上枠と下枠別々になっています。これに金具を取り付け、開閉するようになります。

弊社の畳ベッドはさまざまなラインナップをご用意しています!カタログのものをベースに、サイズや木材等を変更することももちろん可能ですので、お気軽にお問合せください。

畳ベッドのラインナップはこちら

【今日の工場】跳ね上げ畳ベッドがもうすぐ完成です

今日の下呂市は大変冷え込み、山の上の方はうっすらと雪が積もっています!関東では平野部でも雪が降っている地域があるようですね。みなさま足元にはお気を付けくださいね。

工場では、東京都港区のN様よりオーダーいただいております、無垢材を使用した跳ね上げ式畳ベッドの完成が近づいています。

pb241914

pb241920

跳ね上げ式のベッドは、熟練した職人さんが何度も何度も調整を重ねて金具を取り付けます。ガススプリングが上げ下げをしやすくしてくれますので、重さはありますが、女性でも持ち上げられる重さです。

また、下ろすときも「バタン!」と急に下りてこないようになっており、安心してご使用いただけますよ。

こちらのベッドの上枠は、人気のウォールナット無垢材です。この後、下枠を取り付けます。

pb241919

弊社では、お客様のご予算、お好みや用途に合った最良の家具のご提案もいたしております!オーダー畳ベッドの製作事例はこちらをご覧ください。

【今日の工場】茶室用ユニット畳を製作中です

本日は、埼玉県さいたま市のH様よりご注文頂いております、茶室として使用されるユニット畳の製作風景をレポートします!

組み立て式の畳と、炉壇が入る畳をオーダーいただいています。

こちらは、木材を必要な寸法に製材する“木取り”を行っているところです。

pb221909

あらかじめ大きめにカットした木材を、この機械で正確な寸法に合わせていきます。

pb221912

pb221913

今回使用する木材は、タモ集成材とウォールナット無垢材です。ウォールナット無垢材は、へりに見せるためステインで塗装します。

木材を塗装する際、色合いがどんな感じかイメージがしづらいと思いますが、弊社ではご希望があればサンプル(実際に使用する木材に、塗装をした状態のもの)をお送りしますので、事前に色合いを確認することができて安心です!

ユニット畳、小上がりの製作事例はこちらをご覧ください。

【今日の工場】無垢材を使用した畳ベッド

こんにちは。WEB担当の金子です。

今日の工場も木の香りが漂う中、職人さん達がオーダーいただいた家具を製作中です!

こちらは東京都港区のN様からご注文いただいた、シングルサイズの畳ベッドです。

pb211936

跳ね上げの金具部分を取り付けているところです。

作業がしやすいように、ベッドを逆さの状態にして取り付けをしているので、今見えている部分は床側になります。

pb211937

こちらのベッドは、上枠にウォールナットの無垢材を使用しています!無垢の部分はこれからクリア塗装をして、さらに美しく高級感のある仕上がりになります。

跳ね上げ式の畳ベッドは大容量の収納ができるので、とっても便利ですね。

サイズ、色、機能、素材など、お客様のご要望に合わせて完全オーダーメイドで畳ベッドを製作しています。製作事例はこちらをご覧ください。

ユニット畳製作中です

はじめまして。WEB担当をさせていただいております、金子と申します。

本日より皆様に工場の様子をレポートさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

弊社にオーダーいただくお客様は遠方の方も多いのですが、ブログで進捗状況を少しでも見ていただけると嬉しいです。

本日の工場では、千葉県市川市のT様のユニット畳の製作をしております。

pb171908

弊社の熟練した職人が、ひとつひとつ丁寧に作り上げています!

完成が楽しみです。