製図版をリフォーム 66230-2

愛知県知多郡のS様より、数十年前の製図版をオリジナルデスクにリフォームされたいご要望がございました。最近はCADが主流ですが、私も学生のころ図面の基礎を製図版を使った記憶があります。

デスク リフォーム

フレームには杉圧縮材を使い、天板部分は長年使われたダメージ感を活かして、大きな凹みのみパテで補修をして、ウレタン塗装にて仕上げました。この雰囲気は長年使われた味ですね。

製図版をリフォーム

デスクには、USBとコンセントの取り付けをしています。USB コンセント
少し前に杉圧縮材を使って、とてもいい仕上がりになり、今回も使ってみました。
熱を加えて圧縮しているため、色が通常の杉の色より濃くなりクリア仕上げにするとこれもいい味になっています。

杉圧縮材 テーブル

本 体 天板(お客様所有の製図版)
脚部(杉圧縮材)
塗 装 ウレタン仕上げ

 

 

 

 

デスクのある小上がりと畳ベッド 66720

愛知県春日井市のY様よりオリジナル小上がりのご注文をいただきました。
このお客様はアーツ千代田3331の展示相談会にお越しいただき、進めさせていただきました。ご自宅は中庭のあって、どのお部屋のとても明るいです。

設置する前お部屋小上がり 設置設置後

小上がり 設置

弊社で最近テーブルをセットされる方にお勧め。
足を入れる方向のデザインを変更して、畳の上に上がらなくてもデスクに座れるようにしています。

小上がり デスク

普段はデスクを設置して、ご利用になられますが、来客時にこの小上がりスペースを畳ベッドに変えるため、デスクを移動させて、パイン材で製作した板間を作りました。この仕様により、変形の小上がりが、来客用の畳ベッドに変わります。

畳ベッドとして使用

お客様から納品後の写真を送っていただきました。
お子様が上で飛び跳ねても大丈夫です。大人が飛び跳ねても大丈夫な強度にしています。

本 体 タモ集成材(Pタイプベース)
畳 下 ひのきスノコ
塗 装 オイル仕上げ(ローズウッド色)
畳 表 ダイケン 栗色
ボード畳 ヘリ無し

製作途中も下記でアップしています

畳ベッド ブログ

Y様から嬉しいメールをいただきました。

昨日は炎暑の中、納品していただき、ありがとうございました。
既製品の物を入れようと思っていましたが、色々と探しているところで貴社のホームページに出会い、東京まで押し掛ける様に相談会へ。
アポイントなしでも快く相談していただき、構想から4カ月…
素敵な畳小上がりとデスクで感激しています。
また機会がありましたら、子供部屋のベッド+収納棚も相談しようと思います。
本当にありがとうございました。

オリジナル作業台 66395

東京都目黒区のH様よりオリジナル作業台のご注文をいただきました。
素材は弊社のご紹介で杉圧縮材を採用して製作をしました。

オーダー 作業台

杉は柔らかく暖かさのある素材の長所もありますが、家具として活用が難しいと言われていますが、飛騨を代表する家具メーカーの飛騨産業さんにて杉を50%まで圧縮することにより、硬く丈夫な素材へと変化します。
画像の左側が圧縮前になり右側になるにつれて圧縮された画像です。断面の木目を見ていただくと圧縮されていることが分かります。

杉圧縮材

お客様は設計士をされていまして、下記のような図面をいただきました。

作業台図面

この作業台の特徴でもある色の塗分けをしています。この色分け塗装は、完成品にしてから塗装が難しく、一部パーツを先に半分に塗装してから組み立てて最後に仕上げ塗装をしています。
天板の角も斜めカットして、デザイン性を重視しました。

オーダーデスク

杉のきれいな木目が活かされてとてもいい仕上がりになりました。

杉圧縮材 デスク

本 体 杉圧縮材
塗 装 ウレタン塗装